あしたばの青汁を飲んだ感想

 

青汁パパ
あしたばが入った青汁を注文しました。

 

ふるさと青汁

 

ふるさと青汁という青汁です。

 

明日葉を使った青汁はたくさんありますが、このふるさと青汁も明日葉をメインの材料として使用した青汁なんです。

 

使っているのは、八丈島産の明日葉です。
八丈島の栄養が豊富な土ときれいな水で育った明日葉はビタミン、ミネラルをたっぷりと含んでいます。

 

そして明日葉の最大の特徴は、カルコンです。

 

これは明日葉独自の成分で、ポリフェノール系の成分です。
ポリフェノール系の成分というのは、大豆に含まれるイソフラボンや、緑茶のカテキンもそうです。

 

カルコン
        ↑ ↑ ↑
 明日葉の葉や茎を切った時に出る、この黄色い汁がカルコンです

 

明日葉の名前の由来である、「今日摘んでも明日には新しい芽を出す」と言われるほどの生命力は、
このカルコンが関係するものと言われています。

 

また、明日葉にはクマリンという抗菌作用を持つ成分も含まれていて、栄養のカタマリのような植物なんです。

 

 

こちらはふるさと青汁のサイトにあった、明日葉とケールの栄養を比較したものです。
あしたばとケールの比較

 

ケールも栄養たっぷりと有名な野菜ですが、こちらの表の成分では明日葉の方が上回っていますね。

 

明日葉の他には、熊本県産の大麦若葉と島根県産の桑の葉が入っています。

 

 

飲んでみた感想です。
ふるさと青汁を飲みました

 

ふるさと青汁にはシェイカーは付属していないんですけども、
スプーンで混ぜて溶けやすいです。ダマになることはありません。
ダマにはなりませんが、完全に溶けるという感じではありません。
置いてくと沈殿するくらいの溶け具合です。

 

 

私は青汁を飲むときは牛乳で混ぜるのですが、今回はブログで紹介するので、
より味がわかりやすい、水だけで混ぜました。

 

味は、これが明日葉の味なんだろうな〜という独特の味です。
私は他にも明日葉が入った青汁を飲んだことがあるのですが、やはり同じような味がしました。
明日葉特有のクセがあります。

 

どんな味か説明しようと思ったのですが、他に例えようのない味です。
たぶんこれが明日葉の味です。

 

後味がけっこう苦いと思いました。
渋みもちょっとある感じです。
苦いお茶のようなイメージと言えば良いかもしれません。
妻にも飲んでもらいまいしたが、お茶みたいと言っていました。

 

 

 

青汁パパ
あしたばは、確かにクセがありますが、ケールよりは飲みやすいと思いました。
明日葉は栄養がたっぷりですので、体によさそうですね。

 

1箱に、3gのスティックが30本入で、
3,990円で送料は500円でした。
合計4,490円です。

 

ふるさと青汁の公式サイトはこちら