マイケア ふるさと青汁を飲んだ感想

青汁むすめ
こんにちは!青汁むすめです。
本日飲んでみた青汁は、マイケアさんの「ふるさと青汁」です。

 

ふるさと青汁
青汁としては珍しい、明日葉を材料に使っています。 明日葉って口にする機会はめったにありませんから、どんな味なのか興味があります!

 

明日葉ってどんなもの?

ちょっと明日葉について調べてみました。
明日葉は、芽を摘んでも次の日にはまた芽を出すという、生命力の強い、緑黄色野菜です。すごいですよね。
伊豆諸島の八丈島で、昔から健康にいいと言われていて、島の方々に重宝されてきた野菜なんです。

 

この明日葉にの「カルコン」というポリフェノールの一種が入っているんですけども、これが明日葉特有の成分でして、栄養素がたっぷりと含まれています。

 

カルコン
        ↑↑↑
この黄色く溢れでているのが、カルコンです。

 

青汁によく使われる材料のケールと比べてみても、この表の通り、食物繊維やビタミンなどの栄養が、明日葉の方が上回っているのがわかります。
明日葉とケールの比較

 

美容にもいいということらしいので、女性にもオススメですね!
明日葉の他にも、熊本県産の大麦若葉とか、桑の葉とかが入っています。
野菜が足りてないな〜と思う方には、いいと思います。

 

あしたばの他に桑の葉、大麦若葉が入っています

原材料名 あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末
価格 通常購入は1箱4,104円(税込)、定期購入だと10%引きで3,693円(税込)。送料が500円ですが、2個以上の購入で送料無料になります
内容量 90g(1袋3g×30袋)
一杯あたりの価格 136円(定期購入だと123円)

原料はあしたばがメインで、他には桑の葉と大麦若葉が使われています。

 

ふるさと青汁を飲んでみます

 

ふるさと青汁 できあがり

 

さっそく水と混ぜて作ります。
ふるさと青汁にはシェイカーが付いていませんので、スプーンなどで混ぜることになります。
けっこう混ぜやすいのですが、完全に水に溶けるという感じではありません。
置いておいたら、ちょっと沈殿してくる感じですね。

 

作ってみたら、箱と同じような色になりましたね。

 

さて、ふるさと青汁の味ですが、明日葉の独特の味がすると思います。
独特のクセと言ってもいいかもしれません。
文章で説明したいので、他になにか似てるものがあるかな〜?って考えていましたが、思い浮かびませんでした。
明日葉の味としか表現できないです(^_^;)

 

私はけっこう飲みやすいと思いました。ただ、明日葉特有のこの味、もしかしたら好みが分かれるかも、って思いました。
試しに母に飲んでもらったら、「お茶みたい」って言っていました。

 

そうそう、後味がちょっとお茶のような苦味を感じましたね。

 

確かにクセはありますが、ケールよりはクセがなく、けっこう飲みやすいんじゃないかと思います。

 

他のサイトで口コミなどを見てみると、あしたばの味がすっごく苦手という人がいましたので、明日葉ってどんな味がするのだろう?とちょっとビビっていましたが、私は飲みやすかったですね。
ケールのほうがクセあるような気がします。
ここは好みが分かれることこなんでしょうね。

 

 

青汁むすめ
明日葉は、栄養成分によっては、ケールを上回っているので、あしたばの味さえ大丈夫であれば、ふるさと青汁を選択するのもアリだと思います。

 

ふるさと青汁の公式サイトはこちら